28年ぶり新サイズ

 吉野家ホールディングスは、「吉野家」で3月7日から牛丼に新たなサイズを追加すると発表した。「超特盛」(780円)と「小盛」(360円)の2種類を追加する。牛丼に新サイズが加わるのは、1991年に「特盛」が登場して以来28年ぶり。

 「超特盛」は牛肉が「大盛」の2倍、ご飯は大盛・特盛と同等となる。「小盛」は牛肉が「並盛」の4分の3サイズで、ご飯はご飯茶碗1杯分となる。「超特盛」で若者らボリューム重視の人を、「小盛」で女性や子どもら小食の人を取り込む狙い。

 牛丼の新サイズの他に、6種類ある朝食メニューも同日から販売を始める。午前4~11時に、既存の商品を組み合わせ、おかずが3品となる「一汁三菜朝膳」を売り出す。390円、490円、590円の価格帯でそれぞれ2種類用意した。