マックスバリュとザ・ビッグで

 中国・四国地方を中心に食品スーパーを展開するイオン系のマックスバリュ西日本は3月4日、一部の店舗で続けてきた24時間営業を21日からやめると発表した。人手不足で十分なサービスが提供できないためだという。

 一部店舗を除きスーパー「マックスバリュ」は午前9時~午後10時、ディスカウントストア「ザ・ビッグ」は午前9時~午後9時の営業に統一する。来店客への接客を充実させるなどサービスを向上させたい考え。

 同社は岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、兵庫の各県で合わせて約180店を出店している。