PBのトイレットペーパーなどを展開

 3月20日付日本経済新聞は〈ファミリーマートは19日、良品計画の生活雑貨「無印良品」を扱っていた売り場で日用品のプライベートブランド(PB)の品ぞろえを広げる方針を明らかにした。トイレットペーパーなどを充実し、ドラッグストアの利用客を取り込む〉と報じた。

 ファミマは1月末、1980年代から販売していた無印の商品の発注を停止した。無印を撤去した売り場にPBのトイレットペーパーなどの日用品を展開することでドラッグストアを利用している消費者を呼び込むほか、PBの扱いを増やすことで利益率を高めたい考え。

(関連記事:「無印良品」のファミマへの商品供給終了