セルフレジやスマホ決済で客自らが精算

 ローソンは3月29日、深夜時間帯の無人営業の実験を7月ごろから始めると発表した。フランチャイズ加盟店を含めた2店舗で数カ月かけて実施し、運営に必要な技術検証と課題の洗い出しを行う。人手不足の深刻化でコンビニの24時間営業の見直しを求める声が高まっており、無人営業が可能かどうか検証する。

 実験店舗は午前0~5時まで無人で営業する。店舗入り口は施錠し、来店客は事前に登録した専用のスマートフォンアプリを使って解錠する仕組みを導入する。決済は、現金を入れると釣り銭が出てくる機能が付いたセルフレジで現金払いに対応するほか、スマホを活用してレジを通らずに決済する「ローソンスマホレジ」で行う。たばこ・酒類の免許品やレジカウンターで販売するファストフードなどの取り扱いはせず、公共料金の支払い受け付けといったサービスも行わない。

(関連記事:ローソン、スマホ決済店を全国に)※3月1日より「ローソンスマホペイ」が「ローソンスマホレジ」に名称変更

(関連記事:ローソン、スマホ決済1000店に拡大 セルフレジの実験も

 当初は、トラブルに備えてバックヤードに店員1人を配置するが、時期をみて完全無人化に移行する。防犯面では、防犯カメラの増設で対応する。入店方法については、顔認証システムの導入も検討中という。

 コンビニの深夜営業をめぐっては、最大手のセブン-イレブン・ジャパンの一部加盟店がアルバイト店員の不足を理由に深夜営業の取りやめを決行したことをきっかけに、深夜営業の是非が問われる事態となっている。これを受けて同社は、深夜に店を閉める時短営業の実験を始めている。ここにきて人手不足対策に乗り出す動きが広がってきた。

(関連記事:セブン、時短営業の実験開始 店舗収益など検証