商社並みの水準

 ユニクロなどを展開するファーストリテイリングは、大卒初任給を2020年春入社から国内外への転勤がある職種については19年春入社の時より21%高い25万5000円にする。商社や外資メーカーと同等の給与とし、優秀な人材の獲得を狙う。

 商社の初任給は、三菱商事と三井物産、住友商事が2019年春で25万5000円だった。ファストリは商社などに見劣りしない水準に引き上げることで採用における競争力を高めたい考え。

 厚生労働省の調査によると、18年春入社の大卒社員の初任給は全産業平均で20万6700円で前年から0.3%増えた。前年超えは5年連続。リーマン・ショックで就活市場が冷え込んだ10年からは9300円上昇している。景気回復や人手不足で大学の新卒採用は「売り手市場」。処遇や待遇で見劣りする企業は採用面で不利になりやすい。労働人口の減少が進むなか、成長に向けた人材獲得の競争は激しさを増す。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら