スマホでバーコードを表示し店員が読み取る

 セブン&アイ・ホールディングスは4月4日、スマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」を7月から始めると発表した。レジでの会計時、スマホでバーコードを表示し、店員に読み取ってもらうことで支払いができる。

(関連記事:セブン、スマホ決済の新会社「セブン・ペイ」設立

 最初はスマホ向けの「セブンイレブンアプリ」での登録を開始し、10月をめどにセブンペイ専用のアプリをリリースする。いずれセブン&アイグループ以外の店舗でも利用できるようにするという。

 アプリにチャージして使用する。チャージは、店頭レジやセブン銀行のATM、各種クレジットカードからできる。

 セブンペイでも電子マネー「naanaco(ナナコ)」がたまる。グループ内の店舗で買い物すると、200円につき1ポイントを付与する。1ポイントは1円相当で、たまったポイントで買い物もできる。セブン&アイのグループ外の提携店でもナナコを利用できるが、ポイント還元率は提携先企業の判断に委ねる。

 現在ナナコでは100円で1ポイントを付与しているが、7月からは200円で1ポイントとし、還元率を1%から0.5%に引き下げる。一方で、2018年6月から順次導入している、ネットと実店舗で購入した金額に応じて特典を付与する「セブンマイルプログラム」において今年9月をめどに、買い物時にアプリを提示した場合などに200円につき1マイルを付与する予定。マイルはナナコポイントに交換できるとしている。交換比率は検討中という。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら