わかりやすい価格にした

 幸楽苑ホールディングスは4月9日、主力の中華そばを421円から440円に値上げし、みそラーメンと塩ラーメンをともに453円から440円に値下げした。

 一円単位の価格ではなく十円単位にすることで、利用客にわかりやすい価格表示にした上で、会計時の業務の効率化を図る。

 新メニューとして、ギョーザ、ライス、スープをセットにしたギョーザ定食を500円で売り出しを始めた。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら