19日から

 タリーズコーヒージャパンは4月12日、タリーズで19日からコーヒーなどを値上げすると発表した。原材料の生乳の価格が上昇したほか、人件費や物流費が上昇したため。商品を値上げするのは2016年3月以来、3年ぶり。

 4月12日付日本経済新聞によると〈定番飲料32種類を値上げする〉〈10〜20円値上げする〉という。「本日のコーヒー S」は320円から330円、「カフェラテ S」は360円~370円、「カフェオレスワークル S」は410円から430円になる。

 カフェチェーンの値上げが相次いでいる。2月にスターバックスコーヒージャパンが10~20円値上げした。UCCホールディングス(HD)が運営する上島珈琲店は4月1日から10~30円、ドトール・日レスHDドトールコーヒーショップは11日から乳製品を使用した商品の価格を10~20円引き上げた。

(関連記事:スタバ、10~20円値上げ 大幅価格改定8年ぶり

(関連記事:ドトール、カフェ・ラテなど値上げ

 アパレル大手のレナウンが倒産した。同社は2020年5月15日、東京地方裁判所より民事再生手続き開始決定および管理命令を受けたと発表した。負債総額は3月31日現在で138億7900万円。今後はスポンサーを探し、事業の維持・再生に取り組む考えだ。厳しいのはレナウンだけではない。百貨店向けアパレルはどこも厳しく、オンワードホールディングスは20年2月期に国内外で約700店を閉店したが、21年2月期も約700店規模を閉店する方針だ。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら