生鮮食品を除く総合が101.5と0.8%上昇

 総務省が4月19日に発表した3月の全国消費者物価指数(CPI、2015=100)は、値動きの大きい生鮮食品を除く総合(コアCPI)が前年同月比0.8%上昇の101.5だった。前月の0.7%上昇からプラス幅は拡大した。上昇は27カ月連続。

 原油価格の持ち直しを受けたガソリンの上昇が全体を押し上げた。前月は1.3%下落だったが、3月は1.3%上昇となった。

 エネルギーは5.1%上昇で前月の4.5%上昇から伸び率が拡大した。電気代と都市ガス代は、値上げと値下げが混在。人手不足による人件費の高騰から、外食も1.1%上昇した。

 4月の電気代・都市ガス代は、全社が値下げとなる。

 一方、携帯電話の通信料が4.3%低下と大きく下落し、全体を押し下げた。

 1-2月に日並びの良さから上昇していた宿泊料は上昇幅が縮小し、0.9%上昇にとどまった。

 各種食品の値上げの影響が注目された生鮮食品を除く食料は0.8%上昇。小幅ながら上昇幅は拡大した。

 生鮮食品を除く総合では構成する523品目のうち、上昇したのは280品目で割合は53.5%だった。下落は179品目、横ばいは64品目だった。

 生鮮食品とエネルギーを除く総合(コアコアCPI)は101.3と前年同月比0.4%上昇した。上昇率は前月と同じだった。

 生鮮食品を含む総合は101.5と前年同月比0.5%上昇した。前月からプラス幅は拡大。生鮮野菜の下落幅が縮小した。