LINEで予約と決済ができる

 LINEは4月18日、飲食店の持ち帰り商品を事前に注文し、スマートフォンで決済できるサービス「LINEポケオ」を始めた。すかいらーくホールディングスが運営するファミリーレストラン「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」の2000店で始め、6月以降に松屋フーズHD系列店などに展開する。

 LINEの対話アプリ内で使える。現在地の近くにある飲食店を検索し、持ち帰る商品と店舗に立ち寄る時間を選ぶ。指定の時間に店頭で商品を受け取ることができる。決済は、開始当初は店頭で行う必要があるが、6月からは注文時に決済サービス「LINEペイ」で支払えるようにする。

 6月以降は、松屋フーズHDの牛丼チェーン「松屋」、とんかつチェーン「松のや」の1100店でも導入する予定。対応店舗は順次拡大していくという。

 LINEは宅配サービスの「LINEデリマ」を2017年7月に始め、1万4000店が登録する。持ち帰りサービスも始めることで、需要を開拓したい考えだ。

(関連記事:LINEが出前サービス「LINEデリマ」を開始。吉野家など約1万4千店に注文可能