傘下に収めた企業の再建に手間取る

 RIZAPグループが15日発表した2019年3月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が193億円の赤字(前期は90億円の黒字)だった。昨年11月時点で見込んでいた70億円の赤字から大幅に膨らんだ。積極的なM&A(企業の合併・買収)で抱えた不採算子会社の構造改革費用がかさんだ

 売上高は過去最高となる前期比82.3%増の2225億円。本業の個人向けジムは堅調だった。本業のもうけを示す営業損益は93億円の赤字(前期は117億円の黒字)に転落した。

 同社は業績が悪化した企業を積極的に買収して子会社化し、急速に規模を拡大してきた。しかし、傘下に収めた企業の再建に手間取り、業績が低迷。不採算事業の売却や不採算店の閉鎖などに必要な費用が増えた。

 決算書類には企業の存続に疑念を抱かせる状況を示す「継続企業の前提に関する重要事象」が記載された。

 20年3月期の業績予想は、売上高が前期比1.1%増の2250億円、最終損益は5億円の黒字を見込む。

 同社は同日、資金が必要になる事態に備えて、取引銀行3行との間で計70億円の融資枠(コミットメントライン)契約を結んだと発表した。