輸入減で上振れ

 内閣府が5月20日に発表した2019年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動を除いた実質で前期比0.5%増、このペースが1年続くと仮定した年率換算で2.1%増だった。プラス成長は2四半期連続となる。

 予想外の成長だった。ただ、米中貿易摩擦や中国経済の減速で輸出が減ったのに加え、内需の柱となる個人消費と設備投資はともに2四半期ぶりに減少しており、景気の停滞感がうかがえる。

 1~3月期のGDPは、主に外需が押し上げた。外需は輸出から輸入を差し引いた「純輸出」ではかるが、GDPを0.4%分押し上げ、今回の伸びの大半を占めた。輸入が輸出を上回る規模で落ち込み、統計上はGDPを押し上げる方向に働いた。輸出が2.4%減ったが、輸入は4.6%減だった。

 GDPの5割超を占める個人消費は前期の0.2%増から0.1%減に。暖冬による冬物衣料の不振のほか、食料品の値上げの影響で節約志向が強まったとみられる。設備投資は前期の2.5%増から0.3%減となった。自然災害から回復した前期からの反動減のほか、海外経済の先行き懸念から製造業を中心に先送りの動きが出たとみられる。

 一方、物価の動きを反映した名目GDPは0.8%増(年率3.3%増)だった。