加熱式たばこは可

 「喫茶室ルノアール」などを運営する銀座ルノアールは5月30日、2020年4月からグループの直営店全店で紙巻きたばこの喫煙を禁止すると発表した。喫煙席での加熱式たばこの利用は可能とする。

 飲食店での原則屋内禁煙を定めた改正健康増進法が20年4月に全面施行されることに対応する。

 銀座ルノアールは現在、一部の全面禁煙店舗を除き、禁煙・喫煙の完全分煙化を進めている。20年4月以降は喫煙席での喫煙は加熱式たばこのみとする。

 改正健康増進法では、紙巻きたばこを吸うには飲食禁止の専用の喫煙ブースが必要だが、銀座ルノアールは飲食スペース確保のため喫煙ブースを設けないという。

 カフェチェーンの改正健康増進法への対応をめぐっては、ドトール・日レスホールディングスが「ドトールコーヒーショップ」で、店舗を完全禁煙、紙巻きと加熱式たばこが吸える店、加熱式たばこのみ吸える店の3種に分ける。紙巻きたばこが吸える店には喫煙ブースを、加熱式たばこには従来のように飲食できる喫煙席を設ける。

(関連記事:ドトール、店舗の禁煙対応3タイプに

 くら寿司の客離れが深刻だ。2019年10月期の既存店客数は前期比6.3%減と大きく落ち込んだ。19年2月に世間を騒がせた「バイトテロ」が影響し、スシローなど競合に顧客が流出したとみられる。19年10月期連結業績もかんばしくなく、純利益は前期比27%減の37億円と大きく落ち込んだ。売上高は3%増の1361億円にとどまった。こうしたくら寿司の苦境について解説した。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら