上場継続の合理性低下

 ステーキ店「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスは6月14日、米新興株式市場ナスダックの上場廃止を申請すると発表した。9月までに手続きが完了する見通し。米国での知名度向上などを狙い、昨年9月に日本外食チェーンとして初めて同取引所に上場していた。

 「いきなり!ステーキ」は日本で急成長し、2017年2月にニューヨーク市内に海外1号店を出店。一時は11店舗まで拡大したが、消費者からの支持を十分獲得しきれなかった。今年2月には、ニューヨーク市内にあった11店のうち7店を閉鎖し、残る4店のうち2店を別ブランドのステーキ店「ペッパーランチ」に転換すると発表していた。

 米国事業の苦戦が続くなか、「上場継続の合理性が低下した」と判断した。東京証券取引所第1部の上場は維持する。

 ペッパーフードサービスの18年12月期連結決算は、米国事業の不振から25億円の特別損失を計上したのが響き、8年ぶりの最終赤字に転落した。

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」の苦戦が続いている。既存店売上高は8月まで17カ月連続で前年割れだ。直近決算では大幅減益となった。苦戦の理由として「家族連れに好かれていない」ことが挙げられる。それはなぜか?