レジに並ばずに受け取れる

 スターバックスコーヒージャパンはスマートフォン向けアプリで事前に注文と決済ができるサービスを6月26日から東京都内の一部店舗で始めた。まず都内の56店で始め、2020年末までに全国の店舗に広げる。

 サービス名は「モバイルオーダー&ペイ」。米国や英国など6カ国では既に導入しているサービスだ。

 対応商品は、コーヒーやティーなど定番商品を中心とする約40品目。スターバックスの公式アプリを活用し、会員向けサービスとして提供する。

 注文はアプリの画面で、受け取りたい店舗、商品を選択する。カスタマイズも可能。決済はプリペイド式の「スターバックスカード」利用者のみが可能で、アプリと連携させる必要がある。

 決済すると、アプリ上に受け取り番号と待ち時間が表示される。商品ができあがるとスマホに通知が届く。店頭の専用カウンターから持ち帰る仕組み。

 レジに並ぶことなく受け取れるようにし、利用客のストレスを軽減する狙いがある。店側としてはレジ作業が省略され負担が減る。

 10月の消費増税に伴う軽減税率の適用により持ち帰り商品の税率が据え置かれることも追い風となりそう。事前注文サービスでテイクアウトの利用を促したい考えだ。

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」の苦戦が続いている。既存店売上高は8月まで17カ月連続で前年割れだ。直近決算では大幅減益となった。苦戦の理由として「家族連れに好かれていない」ことが挙げられる。それはなぜか?