インドで日本式カレーは通用するのか

 「カレーハウスCoCo壱番屋」を運営する壱番屋は7月8日、カレーの本場インドに進出すると発表した。物流などにノウハウを持つ三井物産と共同出資の新会社を設立。今後、店舗展開を目指す。

 新会社への出資比率は、壱番屋が4割、三井物産のグループ企業であるアジア・大洋州三井物産が6割。新会社の資本金は約3億円。

 壱番屋は5月末時点で、国内外で1500店近くを展開。このうち海外では、中国や韓国、米国など12の国と地域に計約180店を展開している。海外展開は1994年にハワイのオワフ島に出店したのが始まり。

 インドはカレー発祥の地であり最大の消費国でもある。日本式のカレーが通用するのかに注目が集まる。

 不振が続く「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長が2020年3月12日放送のテレビ番組『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)に出演し話題になった。いきなりステーキが不振に陥っている理由として、価格の高さや自社の店舗同士での顧客の奪い合いが挙げられることが少なくないが、もう1つ、重要で意外な問題点が番組で浮き彫りとなった。その意外な問題点とは何か。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら