発券機まで行かずに済む

 7月17日付日本経済新聞は〈オリエンタルランドは16日、東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市、TDR)でスマートフォンで人気のアトラクションに短時間で乗れる「ファストパス」を取得できるサービスを23日から始めると発表した。東京ディズニーシー(TDS)で23日に開業する新アトラクション「ソアリン」を含む、全18のアトラクションで利用できる〉と報じた。

 ファストパス(FP)は、東京ディズニーランド(TDL)の「ビッグサンダー・マウンテン」やTDSの「ニモ&フレンズ・シーライダー」など待ち時間が長いアトラクションで出されている。各アトラクションの前に設置された発券機で紙のFPを受け取り、FPに記載されている時間に行けば、ほとんど並ばずに乗れる仕組み。

 便利なシステムだが、FPの発券がすぐに締め切られたり、FPの受け取りで長い行列ができることも多かった。スマホでFPを取得できるようになることで、発券機まで行かなくても済むようになる。

(関連記事:ディズニー、スマホでファストパス発行へ 今夏にも

 2020年1月14日、都内のとある「いきなり!ステーキ」を訪れたところ、いきなりステーキ社長の名前でステーキが硬いことを謝罪する張り紙が店頭に掲出されていた。ネット上でこれと同じ内容の張り紙が店頭に掲出されている様子が映った写真の投稿が相次ぎ話題になっている。張り紙の内容は謝罪がメインだが、誤解を招きかねない文言もあり、今後批判が集まる可能性がある。それについて解説した。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら