カフェも併設

 ハンバーガーチェーン「モスバーガー」などを展開するモスフードサービスは7月19日、高級ハンバーガーとカフェの複合店を横浜市にオープンする。

 主に1000円台の高級ハンバーガーを提供する「モスプレミアム」と、同社が手掛ける紅茶専門店「マザーリーフティースタイル」を併設。フードコートのような造りになっており、来店客は両方のブランドのメニューから注文できる。また、厨房を両方のブランドで共有し、食材の仕込みなど業務の効率化や人員の削減も図る。

 昼はセルフサービス、夜はテーブル席からタブレットで注文すると料理が届けられるレストラン形式となる。

 モスプレミアムでは10種類以上のハンバーガーを提供する。「モスプレミアムバーガー」(1300円)や「3種のとろけるチーズバーガー」(1300円)などを販販。7月18日付日本経済新聞によると〈ランチはハンバーガーとポテト、ドリンクのセットで1000~1500円〉〈夜はハンバーガー単品を昼のセットと同じ価格帯で提供する〉という。他にクラフトビールなどのアルコールやつまみなども提供する。

 モスフードサービスは2015年に高級店「モスクラシック」(東京都渋谷区)をオープンしている。

(関連記事:大人のモスバーガー「モスクラシック」

 2020年1月14日、都内のとある「いきなり!ステーキ」を訪れたところ、いきなりステーキ社長の名前でステーキが硬いことを謝罪する張り紙が店頭に掲出されていた。ネット上でこれと同じ内容の張り紙が店頭に掲出されている様子が映った写真の投稿が相次ぎ話題になっている。張り紙の内容は謝罪がメインだが、誤解を招きかねない文言もあり、今後批判が集まる可能性がある。それについて解説した。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら