わかりやすさ重視か

 日本KFCホールディングスは7月19日、軽減税率の導入後も店内での飲食と持ち帰りの税込み価格を統一すると発表した。

 日本KFCが展開する「ケンタッキーフライドチキン」で10月から価格を見直す。持ち帰りは8%で据え置きとなる一方、店内飲食は10%の税率になるが、主力のオリジナルチキン(現在税込み250円)は店内飲食の場合と持ち帰りの場合ともに、税込み価格を250円で統一する。店内飲食の場合は実質値下げとなる。その他の商品は価格を見直す。価格の表示方法は、現在の税込み表記を維持する。

 大手飲食チェーンでは「スターバックスコーヒー」や「モスバーガー」が10月以降も本体価格を据え置く対応を発表している。

(関連記事:スタバ、店内と持ち帰りで別価格 軽減税率、本体価格据え置き