品ぞろえやユーザーレビューよりも価格重視

 日本政策金融公庫は7月11日、消費者が飲食店を選ぶ際にどのような点を重視しているのかについてのアンケート調査の結果を公表した。調査では、利用者評価(ユーザーレビュー)よりも価格帯を重視する傾向が強いことがわかった。

 アンケート調査は半年に1回以上外食をしている20~69歳の男女を対象とし、3月8~11日にインターネットで実施。全国の1000人(男女各500人)から回答を得た。

 飲み会や食事会で飲食店を探す際の情報源(複数回答)として最も多かったのが「家族や友人・知人等から教えてもらう」で42.2%だった。次いで「食べログ」(42.1%)、「ぐるなび」(28.7%)、「ホットペッパーグルメ」(22.6%)と飲食店情報サイトが続いた。

 サイトで重視する情報(複数回答)で最も多かったのが「価格帯」で81.7%だった。次いで「提供しているメニューの数や種類」(68.1%)、「料理の写真」(67.1%)、「地図等、店舗へのアクセス」(49.6%)、「店内の写真」(45.8%)、「利用者評価(ユーザーレビュー)の点数」(45.3%)が続いた。最も重視する情報(単一回答)でも「価格帯」(28.4%)が最も高かった。

 ただ、男性と女性で重視する傾向に違いも出た。価格帯を最も重視する割合は男性が36.5%だったのに対し、女性は20.8%にとどまった。女性で最多だったのは「提供しているメニューの数や種類」で25.4%だった。

 調査では飲食店の環境や設備について気になること(複数回答)も聞いている。最も割合が高かったのは「店内が薄汚れている感じがする」で26.8%だった。次いで「店が狭い」(25.6%)、「たばこ臭い」(22.9%)、「トイレが汚い」(22.7%)、「店内が油っぽい」(21.8%)が続いた。「クレジットカードや電子マネー等が使えない」(14.9%)や「駐車のスペースがない、十分でない」(12.0%)といった設備面よりも清潔さを気にしていることが見てとれる。

 外食大手のペッパーフードサービスは2020年7月3日、「いきなり!ステーキ」など114店を閉鎖すると発表した。ステーキチェーン「ペッパーランチ」を売却することも発表。さらに、200人の希望退職を募るという。また、米国子会社の破産の申し立てを行い、米国から撤退する。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら