小さいサイズのメニューも

 ちゃんぽん店のリンガーハットは8月1日からランチメニューを刷新すると発表した。税別370円の定食を提供するほか、既存メニューの一部を10円値下げする。

 「薄皮ぎょうざ定食」(5個入り)を新たに追加し、同370円で提供する。他に、麺の量を少なくしたちゃんぽんや皿うどんとギョーザの定食メニュー4種類も加えた。

 既存メニューで人気の長崎ちゃんぽんとギョーザのセットは10円値下げし同690円で提供する。

 ランチの対象となる時間帯も平日の午後3時までから午後4時までと1時間延長する。

 ランチメニューはランチタイムとその後の時間帯(午後4時以降)で価格が異なる。例えば、長崎ちゃんぽんとギョーザのセットはランチタイムは同690円だが、午後4時以降は東日本では同830円、西日本では同800円となる。「薄皮ぎょうざ定食」はランチタイムのみのメニューとなる。

 不振が続く「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長が2020年3月12日放送のテレビ番組『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)に出演し話題になった。いきなりステーキが不振に陥っている理由として、価格の高さや自社の店舗同士での顧客の奪い合いが挙げられることが少なくないが、もう1つ、重要で意外な問題点が番組で浮き彫りとなった。その意外な問題点とは何か。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら