オーダージーンズは職人が手作業で製作

 ジーンズ大手の米リーバイ・ストラウスは7月26日、東京・原宿にアジア最大級の旗艦店をオープンした。オープンにあわせ、リーバイスのジーンズをフルオーダーできる日本初のサービスを開始。ファッションの発信地として知られる原宿で独自のサービスを提供し、顧客開拓につなげる。

 「リーバイス 原宿 フラグシップストア」(東京・渋谷)を開いた。運営はリーバイスの日本法人、リーバイ・ストラウスジャパンが担う。1~3階で構成し、売り場面積は約527平方メートル。

 とある日の昼時に同店を訪れた。東京メトロ・明治神宮前駅から徒歩6分、原宿の中心地からはやや離れた裏通りに立地している。

 同店の目玉となるのが3階の「LOT NO.1(ロットナンバーワン)」だ。職人が顧客の要望にあったジーンズを製作する。型紙や生地選びから裁断、縫製、仕上げの加工まで全工程を職人が手作業で行う。価格は10万円(税別)からで完成までに1カ月程度かかる。

 店内の商品を顧客の要望に合わせてカスタマイズする「テーラーショップ」と、Tシャツをカスタマイズする「プリントショップ」も常設している。

 リーバイ・ストラウスジャパンの2018年11月期の売上高は前期比10.9%増の144億円だった。増収は5年連続。営業利益は63.8%増の6億2400万円だった。ジーンズブランドはファストファッションに押され苦戦気味だが、同社は健闘している。米リーバイ・ストラウスは34年ぶりに再上場を果たした。

 不振が続く「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長が2020年3月12日放送のテレビ番組『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)に出演し話題になった。いきなりステーキが不振に陥っている理由として、価格の高さや自社の店舗同士での顧客の奪い合いが挙げられることが少なくないが、もう1つ、重要で意外な問題点が番組で浮き彫りとなった。その意外な問題点とは何か。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら