賃料重荷に

 8月7日付日本経済新聞は〈米高級衣料品店バーニーズ・ニューヨークが6日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、経営破綻した〉と報じた。同社の破綻は1996年に続き2度目となる。

 米バーニーズは〈債務圧縮のため大半の店舗を閉鎖し、新たなスポンサーを探す〉〈米国に展開する全22店のうち15店を閉店する〉(同記事)という。

 バーニーズは23年創業の老舗。近年は消費者のニーズの変化に対応できなかったほか、インターネット通販に押されて販売不振に陥った。旗艦店の不動産賃料の高騰も響いた。ニューヨーク・マディソン街にある旗艦店の賃料は今年に入り約1600万ドルから約3000万ドルまで高騰したという。

 日本では現在、セブン&アイ・ホールディングスの完全子会社バーニーズジャパンが米バーニーズとの契約に基づき、都内を中心に12店を展開している。バーニーズジャパンは米バーニーズとは資本関係がなく、事業に直接的な影響はないとみられる。

(関連記事:米バーニーズ、破産検討 賃料高騰と米報道

 2020年1月14日、都内のとある「いきなり!ステーキ」を訪れたところ、いきなりステーキ社長の名前でステーキが硬いことを謝罪する張り紙が店頭に掲出されていた。ネット上でこれと同じ内容の張り紙が店頭に掲出されている様子が映った写真の投稿が相次ぎ話題になっている。張り紙の内容は謝罪がメインだが、誤解を招きかねない文言もあり、今後批判が集まる可能性がある。それについて解説した。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら