店内をネズミが駆け回る

 ファミリーマートは8月6日、東京都渋谷区のフランチャイズチェーン(FC)店舗内にネズミがいる様子の動画が投稿されて拡散したことを受け、当該店舗を5日付で営業休止にしたと発表した。

 動画では複数のネズミが店舗内を動き回る様子が映っていた。ファミマは店舗内にネズミがいたことを認め、原因を調査するとともに、保健所の助言を受けながら商品の撤去や廃棄をするとした。今後、ネズミの駆除や店舗内の消毒などを進め、営業を再開できるかどうか検討するという。

 アパレル大手のレナウンが倒産した。同社は2020年5月15日、東京地方裁判所より民事再生手続き開始決定および管理命令を受けたと発表した。負債総額は3月31日現在で138億7900万円。今後はスポンサーを探し、事業の維持・再生に取り組む考えだ。厳しいのはレナウンだけではない。百貨店向けアパレルはどこも厳しく、オンワードホールディングスは20年2月期に国内外で約700店を閉店したが、21年2月期も約700店規模を閉店する方針だ。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら