スギ敗れる

 ドラッグストア大手のココカラファインは8月14日、同業のマツモトキヨシホールディングス(HD)と経営統合に向けた協議に入ると発表した。スギHDからも経営統合を打診されていたが、マツキヨHDと組む方が相乗効果が大きいと判断した。統合が実現すれば、売上高1兆円規模になり、業界首位となる。

 ココカラは社外の有識者らからなる特別委員会を設置。特別委はマツキヨHDとスギHDとの経営統合などに関して検討していた。ココカラは特別委とは別に取締役会で検討を進め、特別委からの報告も踏まえ、マツキヨHDと組む方が相乗効果が大きいと判断した。

 ココカラはマツキヨHDがプライベートブランド(PB)商品の開発などに優れていることを評価した。

 ココカラは今後のマツキヨHDとの協議について、「両社で日程を決め、速やかにマツキヨHDに独占交渉権を付与する」としている。

(関連記事:ココカラ、特別委員会を設置 マツキヨとスギの提案検討

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」の苦戦が続いている。既存店売上高は8月まで17カ月連続で前年割れだ。直近決算では大幅減益となった。苦戦の理由として「家族連れに好かれていない」ことが挙げられる。それはなぜか?