19日から補償対応開始

 セブン&アイ・ホールディングスのスマートフォン決済サービス「セブンペイ」が不正利用された事件で、運営会社のセブン・ペイは8月19日、被害に遭った利用者への補償対応を始めた。自身でチャージ(入金)した残高を第三者に不正利用された場合や、電子マネー「nanaco(ナナコ)」から勝手にチャージされた場合に、被害額相当の支払いを行っていく。

 被害に遭った利用者には、「7pay事務センター(0120・113・393)」から順次手続きを案内する。この番号以外から連絡があった場合は、決して応じないよう注意喚起している。

 被害に遭ったが、まだ連絡していない利用者には、「7payお客様サポートセンター緊急ダイヤル(0120・192・044)」に連絡するよう促している。

 セブンペイは7月1日からサービスを始めたが、不正利用が相次いで発覚し、現在はチャージや会員登録を停止している。9月30日でサービスを終了する予定。不正利用の被害は7月31日時点で808人計約3860万円に上る。

(関連記事:セブンペイ」9月末で終了 再開は困難と判断