セルフレジかスマホ決済でセルフ会計

 ローソンは8月23日、深夜の売り場に店員を配置しない実験を始めた。横浜市の1店舗で午前0~5時の深夜帯は売り場を無人にする実験を約半年間行う。人手不足の深刻化で深夜帯の人員確保が難しくなるなか、実験結果を検証し、課題解決につなげたい考えだ。

 実験はローソン氷取沢町店(横浜市)で実施する。利用客はQRコードや顔認証で入店する。欲しい商品を選び、会計はセルフレジかスマートフォン決済で客自らが行う。店員による年齢確認が必要なたばこやお酒の販売は中止する。チケットの発券など店員の対応が必要なサービスも提供しない。当初はバックヤードに店員1人を待機させるが、完全無人化も検討する。

 コンビニエンスストアの深夜営業を巡っては、最大手のセブン-イレブン・ジャパンの一部加盟店がアルバイト店員の不足を理由に深夜営業の取りやめを決行したことをきっかけに、深夜営業の是非が問われる事態となっている。各社が営業時間の短縮実験など対策を進めている。

(関連記事:ローソン、深夜「無人営業」実験を7月に開始

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら