11月まで実験

 ローソンは8月29日、米ウーバー・テクノロジーズの宅配代行サービス「ウーバーイーツ」を使って弁当や日用品などを配達する実証実験を都内の4店舗で始めた。9月末までに13店に広げる。日本でウーバーイーツがコンビニエンスストアの商品を宅配するのは初めて。

 ウーバーイーツを国内で運用するウーバージャパンの専用アプリにローソンが出店する。弁当や店内調理の揚げ物、菓子といった食品のほか、ティッシュペーパーといった日用品など約100品目を扱う。11月まで実験を続け、対象店舗の拡大を検討する。

 ウーバーイーツは大手外食チェーンが続々と導入している。スターバックスコーヒージャパンは昨年11月、ウーバーイーツを活用した配達サービスを試験的に始めた。

 10月の消費増税に伴う軽減税率の導入で食品の宅配需要が高まるとみられ、外食各社は宅配に力を入れている。コンビニは食品に加えて日用品も扱うが、日用品の宅配需要が高まることも期待できる。

(関連記事:スタバ、ウーバーイーツでデリバリー開始 まずは都内の3店で

 くら寿司の客離れが深刻だ。2019年10月期の既存店客数は前期比6.3%減と大きく落ち込んだ。19年2月に世間を騒がせた「バイトテロ」が影響し、スシローなど競合に顧客が流出したとみられる。19年10月期連結業績もかんばしくなく、純利益は前期比27%減の37億円と大きく落ち込んだ。売上高は3%増の1361億円にとどまった。こうしたくら寿司の苦境について解説した。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら