牛丼並盛の店内飲食は実質値下げ

 牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは9月3日、軽減税率の導入後の牛丼の並盛を現行の350円の税込み価格を据え置くと発表した。店内飲食の場合だけ、本体価格を319円に引き下げて税込み350円とし、税率8%の持ち帰りと同じにする。

 10月の消費増税に伴い導入される軽減税率では持ち帰りと店内飲食の税率がそれぞれ8%、10%になる。すき家は他の商品についても軽減税率の導入後は本体価格を調節することで税込み価格を統一する。

 他の牛丼チェーンでは、「吉野家」が10月以降も本体価格を据え置いて、持ち帰りと店内の支払い価格を別にする方針だ。一方、「松屋」はすき家と同様に税込み価格を統一する意向を示している。

 日本ケンタッキー・フライド・チキンと「フレッシュネスバーガー」のフレッシュネスもすき家と同じく、持ち帰りと店内の価格をそろえる。モスフードサービスは本体価格を据え置く方針だ。

(関連記事:フレッシュネスバーガー、店内と持ち帰り同額 現行税込み価格維持

(関連記事:ケンタッキー、軽減税率導入後も店内と持ち帰り同額 本体価格調整