同額と別価格併存

 ロイヤルホールディングスは9月9日、傘下の天丼チェーン「天丼てんや」での軽減税率への対応を発表した。10月以降、主力商品の「天丼」などで税込み価格を据え置き、店内飲食と持ち帰りで税込み価格をそろえる。一部商品は別価格とする。

 「天丼」(540円)のほか、「上天丼」(690円)やサイドメニュー、そばやうどんなどのセット商品などについては店内飲食の本体価格を下げ、税込み価格を持ち帰りとそろえる。

 一部商品は本体価格を据え置く。「野菜天丼」(550円)の場合、本体価格を510円で据え置き、税込み価格は店内560円、持ち帰り550円にする。