値上げと実質値下げが混在

 日本マクドナルドは9月10日、消費税が10%に引き上げられる10月以降の価格について、店内飲食と持ち帰りの税込み価格をそろえると発表した。7割の商品は税込み価格を据え置き、3割の商品は税込み価格を10円引き上げる。

 10月以降、店内飲食は標準税率10%、持ち帰りは軽減税率8%が適用されるが、マクドナルドは本体価格を調整することで、税込み価格を統一する。

 税込み価格が据え置かれるのは、「ビッグマック」(税込み390円)や平日昼の「バリューランチ」(550~600円)、「プレミアムローストコーヒーSサイズ」(100円)など。

 一方で、100円の「ハンバーガー」は110円に、130円の「チーズバーガー」は140円に、270円の「マックフライポテトMサイズ」は280円に引き上げる。

 値上げと実質値下げが混在するかたちだが、販売数量を加味して全体的に税抜き価格を引き上げないように設定したとしている。

 10月以降の価格設定をめぐっては、大手飲食チェーンによって判断が分かれている。「すき家」や「松屋」はマクドナルドと同様に店内と持ち帰りで税込み価格を統一。一方、「モスバーガー」や「スターバックスコーヒー」は本体価格を据え置き、店内と持ち帰りで別の税込み価格にする。「天丼てんや」は店内と持ち帰りで税込み価格を統一する商品と別の価格にする商品に分ける「折衷案」を採っている。

(関連記事:天丼てんや、「天丼」は税込み価格を据え置き・「野菜天丼」は店内と持ち帰りで別価格

(関連記事:松屋、税込み価格を店内と持ち帰り統一 牛めし並盛は現行価格維持

(関連記事:すき家、牛丼並盛の税込み価格を店内と持ち帰り統一 現行価格維持

(関連記事:スタバ、店内と持ち帰りで別価格 軽減税率、本体価格据え置き