駆け込み需要喚起

 ディスカウントストア最大手のドン・キホーテは9月30日まで割引セールを実施する。10月の消費増税を前に日用品や家電製品などを本体価格から一律8%引きで販売し、駆け込み需要の取り込みを狙う。

 9月14日から始めており、30日で終了する。一部店舗を除く全国の系列店舗384店で実施。日用品や家電製品、玩具などが対象。現金、キャッシュレスなど決済手段を問わず値引きする。衣料品のプライベートブランド(PB)は店頭価格から最大50%割り引く。食料品や酒類、たばこなど一部商品は対象外。

 今回の消費増税では酒類を除く飲食料品に軽減税率が適用され、8%に据え置かれるほか、キャッシュレス決済のポイント還元制度もあり、小売業界での駆け込み需要は盛り上がりを欠いている。セールで消費増税前に消費者の来店動機を高め、集客を実現したい考えだ。

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」の苦戦が続いている。既存店売上高は8月まで17カ月連続で前年割れだ。直近決算では大幅減益となった。苦戦の理由として「家族連れに好かれていない」ことが挙げられる。それはなぜか?