最短2時間で配送

 スーパー大手のライフコーポレーションは9月12日、アマゾンジャパンと組み、生鮮品や総菜を店舗から宅配するサービスを始めた。

 アマゾンの有料会員向けサービス「プライムナウ」で注文を受け付ける。ライフの従業員が売り場から商品をピックアップし、プライムナウ専用の配送車で最短2時間で配送する。生鮮品や総菜のほか、プライベートブランド(PB)商品など数千点を提供する。

 配送地域は新宿区や豊島区、杉並区など都内7区の一部地域。配送時間は正午から午後10時まで。注文は最短で2時間前まで受け付ける。

 最低注文金額は2000円。配送料は、注文金額が6000円未満の場合は440円、1万円未満は220円、1万円以上は無料となる。

 ライフはネットで注文した商品を宅配するネットスーパー事業を約60店で展開している。今回のアマゾンとの宅配サービスを含め、ネットスーパー事業を強化していく考えだ。

(関連記事:アマゾン、ライフ実店舗から生鮮品など宅配

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」の苦戦が続いている。既存店売上高は8月まで17カ月連続で前年割れだ。直近決算では大幅減益となった。苦戦の理由として「家族連れに好かれていない」ことが挙げられる。それはなぜか?