機械学習で精度向上

 ユニクロは9月9日、自社アプリで身体のサイズを計測できる機能と、商品ごとに合うサイズを提案するサービスを本格的に始めたと発表した。全身をスマホのカメラで撮影して得られる情報のほか、身長や体形の特徴などの情報から採寸、お薦めサイズ提案を行う。

「ユニクロアプリ」内に新たに「マイサイズカメラ」を導入した。アプリ上に身長と体重、性別、年齢の4項目の情報を入力し、正面と横から撮影した2枚の全身写真を送ると、身体の10カ所の寸法を推定して表示する。商品購入において参考にしてもらう。

 お薦めのサイズを提案する「マイサイズアシスト」も始めた。身長や体重、性別、年齢のほか、お腹や尻の形、「ぴったり」や「ゆったり」などの好みの着用感を選択肢の中から選ぶと、お薦めのサイズを自動で表示する。

「マイサイズカメラ」と「マイサイズアシスト」は機械学習により精度が徐々に向上するという。

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」の苦戦が続いている。既存店売上高は8月まで17カ月連続で前年割れだ。直近決算では大幅減益となった。苦戦の理由として「家族連れに好かれていない」ことが挙げられる。それはなぜか?