スマホかざして口コミ確認

 ビックカメラは8月28日、デジタルと融合した次世代型店舗「ビックカメラたまプラーザ店」を横浜市に開いた。電子棚札を採用し、価格などを本部が一括操作で変更できるほか、商品情報や消費者評価(レビュー)を確認することができる。店舗業務の効率化を図るとともに利用客の利便性を高め、新たな買い物体験を提案する。

 売り場面積は2000平方メートルと同社では小型だが、家電のほか日用品や酒類、おもちゃ、自転車など幅広く品ぞろえする。

 商品には電子棚札を設置し、画面上に自社の通販サイトのレビューを加えた。価格などは本部からの操作で随時変更できる。これまでの紙の棚札では、価格を変更するたびに店舗従業員が印刷しなおし、1枚ずつ手作業で入れ替える必要があるため負担が大きい。電子棚札を使えば、印刷や入れ替えの過程を省いて価格変更できるので、業務負担の軽減につながる。

 電子棚札は近距離無線通信「NFC」に対応し、スマートフォンをかざすと自社の通販サイトの商品情報や口コミが表示される。そのままサイトから注文もできる。

(関連記事:ビックカメラ、ネットと融合した新型店オープン 店で見てスマホで注文

(関連記事:ビックカメラ、全店に電子棚札導入へ

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」の苦戦が続いている。既存店売上高は8月まで17カ月連続で前年割れだ。直近決算では大幅減益となった。苦戦の理由として「家族連れに好かれていない」ことが挙げられる。それはなぜか?