バーベキュー客らに食品など配送

 楽天西友は自動走行ロボットで店舗から消費者に商品を届ける試験サービスを始めた。神奈川県横須賀市のうみかぜ公園内のバーベキュー客らに、隣接する西友のリヴィンよこすか店で商品を積み込んだ自動走行ロボットが届ける。

 サービスは9月21日から10月27日までの土曜日と日曜日に行う。スマートフォンの専用アプリで注文すると、注文を受けた西友の店員が商品をロボットに積み込む。ロボットは自動で移動し、公園内の複数の受け取り地点まで届ける。1日最大12件を配送する。

 商品は生鮮品を含む食品や飲料など約400種類から選ぶ。ロボットが到着するとスマホにパスワードが通知され、それをロボットの画面に入力すると荷物を受け取れる。ロボットの位置をアプリで確認することもできる。配送料は、今回の実験では1回300円を徴収する。

 楽天と西友はドローン(小型無人機)を使って横須賀市内の西友店舗から離島まで商品を配送するサービスも実施している。

(関連記事:離島の海水浴客にドローンで商品配送 楽天と西友

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」の苦戦が続いている。既存店売上高は8月まで17カ月連続で前年割れだ。直近決算では大幅減益となった。苦戦の理由として「家族連れに好かれていない」ことが挙げられる。それはなぜか?