全6店舗が9月30日に閉店

 ファミリーレストラン「ファミール」が9月30日をもって全店閉店する。同日に閉店するのは「福住店」(札幌市)、「函館店」(函館市)、「青森店」(青森市)、「弘前店」(弘前市)、「錦町店」(埼玉県蕨市錦町)、「尾張旭店」(尾張旭市)の全6店舗。

 ファミール1号店が誕生したのは1972年。イトーヨーカドーグループの外食部門としてスタートした。

 メニューはハンバーグやスパゲッティなどの洋食のほか、天ぷらやそばなどの和食が充実しているのが特徴だ。

 主にイトーヨーカドー内に出店し成長してきたが、ファミレス全盛期の1980年代には郊外ロードサイドにも積極的に出店し、店舗網を拡大した。のちに郊外ロードサイド店はグループのファミレス「デニーズ」に転換されていった。

 2007年に当時の運営会社がセブン&アイ・フードシステムズに吸収合併された。

 近年は出店場所のヨーカドーの閉店に伴いファミールの閉店も相次いでいた。

 実業家の堀江貴文氏が、女優の沢尻エリカ容疑者の逮捕をめぐり、タレントのラサール石井氏が主張する“政権陰謀説”についてYouTube動画で反論・持論を展開した。どちらの主張が正しいのかを検証してみた。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら