ヤフー(現Zホールディングス)は2019年9月12日、ZOZOを株式公開買い付け(TOB)で子会社化し、傘下に収めると発表した。同日、ZOZO創業者の前澤友作社長が退任した。前澤氏はZOZO株を36.76%保有する筆頭株主だが、TOBに応じて大半の株式を売却する。なぜ前澤氏はこのタイミングで株式の大半を売却するのか。巷では同氏の金欠問題が理由と噂されているが、その背景を探ってみた。

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」の苦戦が続いている。既存店売上高は8月まで17カ月連続で前年割れだ。直近決算では大幅減益となった。苦戦の理由として「家族連れに好かれていない」ことが挙げられる。それはなぜか?