牛丼チェーン「吉野家」を展開する吉野家ホールディングスの業績が好調だ。2019年3〜8月期の連結最終損益が18億円の黒字(前年同期は8億円の赤字)となり、同期間として2年ぶりに黒字転換した。好調の背景には何があるのか。

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」の苦戦が続いている。既存店売上高は8月まで17カ月連続で前年割れだ。直近決算では大幅減益となった。苦戦の理由として「家族連れに好かれていない」ことが挙げられる。それはなぜか?