牛丼チェーン「吉野家」を展開する吉野家ホールディングスの業績が好調だ。2019年3〜8月期の連結最終損益が18億円の黒字(前年同期は8億円の赤字)となり、同期間として2年ぶりに黒字転換した。好調の背景には何があるのか。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら