大塚家具の2019年1〜6月期単独決算が発表された。販売不振で利益の赤字は解消されず、営業キャッシュフローの赤字は拡大した。現金枯渇の危機にも瀕している。今後、大塚家具は再生できるのか?

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら