サイゼリヤの既存店客数は2019年9月まで22カ月連続でマイナスとなっている。サイゼリヤといえば、「ミラノ風ドリア」が299円、「グラスワイン」が100円といったようにどの商品も安くコスパが良いことで人気だ。そのサイゼリヤが客数減で苦しんでいる。なぜコスパが良いのに客数減が続いているのか。分析してみると、意外な事実が浮かび上がってきた。

 外食大手のペッパーフードサービスは2020年7月3日、「いきなり!ステーキ」など114店を閉鎖すると発表した。ステーキチェーン「ペッパーランチ」を売却することも発表。さらに、200人の希望退職を募るという。また、米国子会社の破産の申し立てを行い、米国から撤退する。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら