北海道と四国で実験

 セブン-イレブン・ジャパンは10月30日、販売期限が迫った弁当などを実質値引きする実験を北海道と四国4県のコンビニエンスストアで始めた。「食品ロス」削減につなげる。年末まで実験し、効果があれば来春にも全国に広げる。

 実験を始めたのは北海道と四国の計約1360店。四国の店舗では販売期限の3時間前から弁当やおにぎり、サンドイッチなどを対象に、税抜き価格の5%分のポイントをその場で付与する。北海道の店舗では販売期限の5時間前からサラダやスイーツなども対象に加えて実施する。

 時間になったら店員が対象商品に「5%付与」と記したバーコード付きのシールを貼って周知する。ポイントは電子マネー「nanaco(ナナコ)」に付与する。

(関連記事:セブン、弁当などの消費期限延長 鮮度確認の負担軽減

(関連記事:セブン、サンドイッチの賞味期限を伸ばす。食品ロスの削減へ

 新型コロナ禍において「ドトールコーヒーショップ」を展開するドトール・日レスホールディングス(HD)と「コメダ珈琲店」を展開するコメダHDで業績の明暗が分かれている。ドトール・日レスHDは大幅な減収、赤字になった一方、コメダHDは減収減益ながらも減収幅はそれほどでもなく黒字を確保している。何がこうした違いをもたらしたのか。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら