11月12日付共同通信は〈ローソンの竹増貞信社長は12日、2020年をめどにレジを設置しない実験店舗をオープンさせる方針を表明した。省人化によるオーナーの負担軽減が目的。レジの代わりにスマートフォンや顔認証システムを活用して決済する。客対応のため少人数の店員配置を想定する〉〈レジを置かない仕組みを「ローソン・ゴー」と命名する予定〉と報じた。

 コンビニ業界は人手不足や店主の長時間労働が深刻化し、24時間営業を前提とするビジネスモデルが曲がり角を迎えている。レジ無し店舗で省人化を実現し、店舗支援につなげたい考えだ。

 ローソンはこれまで、深夜の売り場に店員を配置しない実験やセルフレジの導入など省人化策を進めている。

 レジを置かない仕組みの店舗は、米アマゾン・ドット・コムの「アマゾン・ゴー」が注目されている。店内に設置した複数のカメラやセンサーで客と商品の動きを検知・追跡し、「誰がどの商品を持ち出したか」を認識して自動で精算する。レジは不要だ。

(関連記事:ローソン、深夜帯の無人化実験開始 顔認証などで入店

 ファミリーマートは2020年2月19日、1025人が希望退職すると発表した。約800人としていた募集人数を上回った。ファミマが希望退職を募った背景を解説した。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら