ファミリーマートは11月14日、2020年2月までに原則40歳以上の社員を対象に約800人の希望退職を募ると発表した。約1割に当たるという。本部組織のスリム化を図り、業務の効率化を狙う。

 ファミマは2016年9月にサークルKサンクスを傘下に収めるユニーグループ・ホールディングスと経営統合した。それ以降、新規出店を抑える一方で、不採算店の閉鎖を進めてきた。16年9月末で約1万8000店だった店舗数は、19年10月末で約1万6500店まで減った。経営統合が一段落したことから、本部組織のスリム化を図る。

 ファミマは希望退職を募るほか、原則24時間としてきた営業時間の短縮を容認することも発表。競争が激化するなか、構造改革によってチェーン全体の競争力を高めたい考えだ。

(関連記事:ファミマ、時短営業容認へ ほぼ全加盟店で

 ペッパーフードサービスは2019年11月14日、19年12月期通期の連結業績予想の下方修正を発表した。本業のもうけを示す営業利益は、従来計画では20億円の黒字を見込んでいたが、7億3100万円の赤字(前期は38億円の黒字)に修正した。「いきなり!ステーキ」の不振が響いた。これを踏まえ、「いきなり!ステーキ」全店の1割弱にあたる44店を閉鎖する。なぜ「いきなり!ステーキ」は不振に陥ったのか。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら