ステーキチェーン店「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスの財務状況が急激に悪化している。「いきなり!ステーキ」の既存店売上高は2019年11月まで20カ月連続でマイナスが続くなど販売不振が続き、それが影響して自己資本が激減している。9月末の自己資本はわずか12億円で、債務超過の危険性が出てきた。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら