セブン-イレブン・ジャパンは自主的に営業時間の短縮を続けている大阪府東大阪市のフランチャイズチェーン(FC)加盟店のオーナー、松本実敏さんに対し、2019年12月31日で加盟店契約を解除すると通告した。松本さんは店の明け渡しを拒否し、法的措置も辞さない考えだ。なぜ両者は歩み寄ることができなかったのか。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら