ラーメンチェーン「幸楽苑」を展開する幸楽苑ホールディングス(HD)は2020年1月6日、収益の低い51店を19年12月から20年4月にかけて閉店すると発表した。閉店は全店舗の1割に当たる。一部の店舗は業態転換する。同社は「利益率向上を目指す」としている。なぜ51店を閉鎖しなければならないのか。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら