2020年1月14日、都内のとある「いきなり!ステーキ」を訪れたところ、いきなりステーキ社長の名前でステーキが硬いことを謝罪する張り紙が店頭に掲出されていた。ネット上でこれと同じ内容の張り紙が店頭に掲出されている様子が映った写真の投稿が相次ぎ話題になっている。張り紙の内容は謝罪がメインだが、誤解を招きかねない文言もあり、今後批判が集まる可能性がある。それについて解説した。

 くら寿司の客離れが深刻だ。2019年10月期の既存店客数は前期比6.3%減と大きく落ち込んだ。19年2月に世間を騒がせた「バイトテロ」が影響し、スシローなど競合に顧客が流出したとみられる。19年10月期連結業績もかんばしくなく、純利益は前期比27%減の37億円と大きく落ち込んだ。売上高は3%増の1361億円にとどまった。こうしたくら寿司の苦境について解説した。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら