日本サブウェイが展開するサンドイッチチェーン「サブウェイ」の店舗数減少が止まらない。公式ホームページによると、2020年1月28日現在の国内店舗数は216店。ピークとなる14年6月には約480店展開していた。5年半で半減した形だ。そして現在も減少傾向にある。サブウェイは世界最大の外食チェーンだが、なぜ日本では苦戦しているのか。その理由を解説した。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら