2020年1月31日に「マクドナルド秋葉原昭和通り店」(東京都千代田区)が閉店した。それを受け、2軒となりにある「バーガーキング秋葉原昭和通り店」(同)がメッセージを店頭に掲出したのだが、その内容が波紋を呼んでいる。マクドナルドをねぎらう言葉を横書きでつづっているのだが、各段落の書き出し1文字ずつを「縦読み」すると「私たちの勝チ」と読むことができるためだ。「勝利宣言」といえ刺激的なメッセージとなるが、これはマーケティング的にアリなのかナシなのか。

 不振が続く「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長が2020年3月12日放送のテレビ番組『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)に出演し話題になった。いきなりステーキが不振に陥っている理由として、価格の高さや自社の店舗同士での顧客の奪い合いが挙げられることが少なくないが、もう1つ、重要で意外な問題点が番組で浮き彫りとなった。その意外な問題点とは何か。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら